ミタイナヤーツ

ミタイナヤーツ

アニメ、特撮などについて語るブログです。金髪キャラ至上主義

【特撮】仮面ライダーエグゼイド第4話 「オペレーションの名はDash!」個人的に気になったシーン

2016年10月23日放送の仮面ライダーエグゼイド

第4話 「オペレーションの名はDash!

仮面ライダーレーザー登場です。

先週に引き続き坂本監督回ということでアクション面でも期待が高まりますね。

前回ライダーガシャットを奪われてしまった永夢ですが、一体どのようにして取り返したのか?気になったシーンを紹介しつつ見ていきましょう!

個人的に気になったシーン

九条貴利矢登場

ガシャットを奪われたことを悩みつつも小児科としての仕事をこなす永夢。

彼の前に現れたのは監察医の九条貴利矢だった。

f:id:mitayatu:20161023180533j:image

永夢「九条貴利矢くん、6歳。今小学校一年生かな?・・・うわっ!」

貴利矢「自分九条貴利矢。へい!会いたかったよ。ヘヘッ」

永夢「いや、あの・・・ここ小児科ですが?」

 

貴利矢は同僚の西脇嘉高(ニッシー)がゲーム病に侵されてしまい、助けてもらいに来たらしい。

f:id:mitayatu:20161023180623j:image

貴利矢「つうわけで、ゲームの名人Mの力を借りに来たのよ。」

永夢「いや、あの、あなた達は・・・?」

f:id:mitayatu:20161023180700j:image

貴利矢「平気平気、名人が奪われたがシャット、自分が奪い返すんで。へへっ」

永夢「なんでそれを!?」

 

変身できるライダーガシャットは世界に一つだけ

鏡飛彩はCRにきた壇黎斗に全種類のライダーガシャットを貰えないかと交渉する。

 f:id:mitayatu:20161023180712j:image

ポッピー「それはムリポ。」

飛彩「何故だ、この間マイティアクションXのゲームソフトが、幻夢から発売されていただろう?」

黎斗「アレは市販向けのソフトで、変身機能はないんだ。」

ポッピー「ガシャットは超レア。世界にひとつだけ。」

 

ライダーガシャットが生まれた経緯

5年前幻夢コーポレーションは10種類のゲームを開発していたが、その全てにバグが発生してしまった。その際バグスターウイルスが生まれ、ゼロデイが起きた。

ゼロデイに対抗するために、4つのゲームを改良してガシャットを作った。それが、今飛彩たちが持っているガシャットである。

4話現在では更に4つのゲームのガシャットを開発中らしい。

 

3年前にガシャットを手に入れた貴利矢

f:id:mitayatu:20161023180731j:image

原因不明の死因を救命する監察医の九条貴利矢は3年前、既にゼロデイのことを嗅ぎつけていた。その際、事件のことを外部に漏らさないことを条件に幻夢コーポレーションの壇黎斗と取引をし、ライダーガシャットとゲーマドライバーを手に入れた。

 

貴利矢の目的

花家大我に目的を問われ、永夢達の前で九条貴利矢は語る。

 f:id:mitayatu:20161023180744j:image

貴利矢「ゼロデイの時、友達がバグスターの犠牲になった・・・。もう二度とあんな思いはしたくない。」

永夢「あなたも仮面ライダーだったんですか?だったら僕の力を借りる必要なんてないんじゃないですか?」

仮野明日那「これには深いわけがあるの。」

飛彩「訳?」

 

仮面ライダーレーザーレベル1

ウイルスに発症した西脇を助けるため九条貴利矢は変身する。

 

貴利矢「自分が勝ったら、名人のガシャットを返してもらうから。」

大我「面白い。俺が勝ったらお前のがガシャットを頂くぜ。」

 f:id:mitayatu:20161023180802j:image

飛彩「このゲームは・・・?」

永夢「爆走バイク。破壊妨害何でもありのレースゲームですよ。」

 f:id:mitayatu:20161023180816j:image

貴利矢「変身。」

 

エナジーアイテム「挑発」

f:id:mitayatu:20161023180828j:image

仮面ライダーレーザーは挑発のエナジーアイテムを取得し、敵を自分へ引きつける。

 

仮面ライダーレーザーレベル2

ライダーバトルのどさくさに紛れ、スナイプから永夢のライダーガシャットを奪取。それを永夢に返した仮面ライダーレーザーはレベル2へと変身する。その姿はバイクの形をとっていた。

 

貴利矢「さぁて、自分も本気出しちゃうかなぁ?二速!」

 f:id:mitayatu:20161023180839j:image

永夢「えぇえええ!!バイク・・・?」

阿須那「彼は仮面ライダーレーザー。相棒の運転手が必要なの。」

永夢「だから僕の力を借りようとしてたんですね・・・。」

 

黒いライダーと自転車

f:id:mitayatu:20161023180851j:image

ガシャットを奪い合い戦う、ブレイブとスナイプの前に黒いライダーが自転車に乗って現れた。シャカリキスポーツのキメワザを受けた二人の体力ゲージは限界まで減ってしまい、撤退することに。必殺技を決めるだけ決めていなくなる黒いライダーの目的とは?

 

西脇のストレス

バグスターを追わず患者の西脇をCRに連れてきた永夢の目的は、ストレスの原因を突き止めるためだった。その原因とは妹の莉子がグラファイトバグスターに連れ去られ、今も行方不明であることだった。なおゲーム病になったのはその際グラファイトバグスターから受けた霧のような攻撃が原因の模様。

 f:id:mitayatu:20161023180920j:image

永夢「大丈夫。僕が救ってみせます。西脇さんの命も、妹さんも。」

 

俺と友だちになってくれるか?

永夢「うわっ!」

貴利矢「乗ってくんなきゃ意味ないでしょ。」

永夢「痛ぁ・・・。」

貴利矢「折角ガシャット取り返してやったのに、バグスター見失っちまったじゃないかよ。」

永夢「見失ってませんよ。だって、貴利矢さんのガシャットはレースゲームなんですから。」

貴利矢「そうか。ハハッさすが名人。」

永夢「攫われた莉子さんは、このゲームのゴールにいます。ゲームに勝てば西脇さんは助かります。」

f:id:mitayatu:20161023181009j:image

貴利矢「・・・友達のニッシーを助けるために、俺と友だちになってくれるか?」

f:id:mitayatu:20161023181018j:image

永夢「はい。」

f:id:mitayatu:20161023181025j:image

 

全員が出揃った

f:id:mitayatu:20161023181041j:image

グラファイト「これでプレイヤー5人、全員が出揃った。」

パラド「ああ、心が躍るなぁ。」

 

バイク勝負

モータスバグスターとバイク勝負をすることに。永夢はレーザーへ乗り爆走する。

レーザー「飛ばすぜ名人。」

永夢「オーケー。」

 f:id:mitayatu:20161023181057j:image

レーザー「やっぱ名人が乗ると違うな。」

f:id:mitayatu:20161023181111j:image

 

エナジーアイテム「ジャンプ」

エナジーアイテム「ジャンプ」を取得し、モータスバグスターへとどめを刺す。

 f:id:mitayatu:20161023181120j:image

レーザー「ウイニングランを決めるのは。」

エグゼイド「俺達だ!」

f:id:mitayatu:20161023181139j:image

 

貴利矢の裏切り

西脇と妹を救ったのも束の間、レーザーはエグゼイドを無理やり自分から引き離す。

 

レーザー「はい邪魔邪魔ぁ、降りた降りたぁ。ハイハイ」

モータスバグスター「モーターが、焼けてる・・・・。」

レーザー「やっと貴重なサンプルが手に入る。」

f:id:mitayatu:20161023181132j:image

エグゼイド「おい!いきなり何するんだよ!俺たち友達だろ!?」

レーザー「あぁー、全部ウソだから。ゼロデイで犠牲になった友達とかいないし。」

エグゼイド「はぁ?」

レーザー「自分監察医なんでぇ。バグスターの謎を突き止めたいだけさ。」

エグゼイド「鼻からそれが目的で、俺を乗せたのか!?」

レーザー「あれ?その気になって乗せられちゃった?ハハハハ」

 

黒いライダーレベル3

サンプル対象のモータスバグスターを破壊する黒いライダー。

 

レーザー「証拠隠滅のつもりか?なんでバグスターに味方すんだ!」

 f:id:mitayatu:20161023181156j:image

黒いライダーはシャカリキスポーツガシャットを使用し、レベル3へと変身する。

必殺技、シャカリキクリティカルストライクでエグゼイドとレーザーはやられてしまう。

去っていく、黒いライダーに永夢は問いかける。

 f:id:mitayatu:20161023181201j:image

永夢「お前は・・・誰だ?」

 

ミタヤツの感想

今回、正式に永夢達の前に登場した仮面ライダーレーザーこと九条貴利矢。

第4話現在、登場しているライダーの中では一番好きなキャラクターでした。

永夢の相棒として活躍していくのかな?と思いきやまさかの裏切り。「友情の握手するシーンで胸が熱くなったこの気持を返して!」と思わず叫んでしまいました。

ゼロデイ犠牲者の友達がいないとなると、貴利矢の謎を突き止めたいという目的はどこからくるものなのか気になりますね。監察医としての使命感なのか、別の闇があるのか?彼の飄々とした立ち振舞からすると「友達が存在しなかった」という発言自体が嘘でやっぱり存在するパターンもありそうです。

自身の能力を最大限に発揮するのに相棒が必要になるライダーと言うことですが、いつか永夢と本当の相棒になって戦う展開があると個人的に熱い上に、第4話の見え方も変わってくるのかなと思うので期待してます。

 

グラファイトの発言を信じるのであれば、5人でゲームの参加者全員揃ったようです。ライダー達のお披露目は今週で終わりということを意味すると思うので、今後はキャラの掘り下げに期待したいところですね。

 

アニメ系ブログランキングはこちら!