ミタイナヤーツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミタイナヤーツ

アニメ、特撮などについて語るブログです。金髪キャラ至上主義

【特撮】仮面ライダーエグゼイド第1話 「I’m a 仮面ライダー!」個人的に気になったシーン

2016年10月2日、いよいよ始まった新番組「仮面ライダーエグゼイド」

f:id:mitayatu:20161004141155j:image

ゲームを使って仮面ライダーに変身するお医者さんと言うことで、今年はどんなストーリーが展開されるか非常に楽しみです。

今回はその第1話「I’m a 仮面ライダー!」で気になったシーンを紹介していきたいと思います!

 

個人的気になったシーン

主人公、宝生永夢

本作の主人公「宝生永夢」は聖都大学附属病院の小児科研修医です。

f:id:mitayatu:20161004141218j:image

医者のライダーというのは過去にいなかった事はないですが、平成ライダーに於いて主人公がハッキリとした職業についてるっていうのは注目すべきポイントですね。

 

敵の目的

グラファイトと呼ばれる怪人、腕につけているのは仮面ライダーゴースト特別編で黒いエグゼイドが使っていた武器のように見えるが・・・。

対して、人間の見た目をしているパラドという男。敵に組織があるとすればこの男が怪人が指揮をとっているのか。人類を貶めることをゲームと称して楽しんでいる部分は前番組の「ジュウオウジャー」の怪人のボス、ジニスに通じるものがある。

 f:id:mitayatu:20161004141230j:image

グラファイト「感染した。時期に新しい仲間が、増殖する。」

 f:id:mitayatu:20161004141239j:image

パラド「なぁ、グラファイト。こんな広いフィールドでゲームができたらと思うと心が躍るなぁ。」

 

衛生省の探す、天才ゲーマーMとは

バグスターウイルスという感染症が極秘で問題になっていて、それに対する対抗手段を用意しているようだ。

ウイルスと天才ゲーマー、一体何のつながりがあるのだろうか。

 f:id:mitayatu:20161004141253j:image

日向恭太郎「天才ゲーマー、ハンドルネームM、本名不明。数々の大会で優勝・・・。」

仮野明日那「天才ゲーマーならきっと、ゲーマドライバーの適合者になれるはずです。」

日向恭太郎「適合者なら、間もなくドクターが帰国することになっている。それでは不満かな?」

狩野明日那「いえ・・・。」

日向恭太郎「5年前の悲劇を繰り返す訳にはいかない。人類の未来はこいつ(ゲーマドライバー)にかかっている。」

 

永夢と明日那の出会い

宝生永夢は担当患者である少年颯太くんを追いかけた先にたまたまいた仮野明日那に衝突しそうになる。

明日那はもっていたアタッシュケースの中身をぶち撒けてしまう。

中に入っていたものは、今日発売の新作ゲームソフトと、謎の機械であった。

f:id:mitayatu:20161004141311j:image

仮野明日那「ピヨったぁ・・・。」

 f:id:mitayatu:20161004141318j:image

颯汰「マイティアクションXだ!なんでここに!?」

 

少年に降りかかる謎の症状

急に具合が悪くなり倒れる少年颯太。耳の後に「変なウニョウニョ」出てきている。これがウイルスなのだろうか。

f:id:mitayatu:20161004141329j:image

耳の後ろっていうど仮面ライダードライブを思い出しますね。

 

病院の地下

仮野明日那は倒れた少年を病院の地下へ連れて行く。そこは働いている宝生永夢も知らないエリアだった。

 

宝生永夢「こんなとこうちの病院にあったっけ・・・?」

宝生永夢「院長!?」

f:id:mitayatu:20161004150622j:image

聖都大学附属病院・院長、鏡 灰馬登場。演じるのは芸人の博多華丸さんです。

 

鏡灰馬「明日那さん!おまちしておりましたよ、さあさあ。」

仮野明日那「ありがとう、あとはまかせて。」

宝生永夢「ちょっと待ってください!僕見たんです!颯太くんの体から、変なウニョウニョが・・・。」

鏡灰馬「君は、バグスターを見たのかね!?」

宝生永夢「あっ、はい!」

借野明日那「院長。」

f:id:mitayatu:20161004150650j:image

鏡灰馬「あっはい。君は何も見ていないこの剣には関わるな。(キリッ)」

宝生永夢「そういう訳にはいきません!僕はこの子の担当医なんです!」

鏡灰馬「これは院長命令だ!さぁ、いきましょう!(ニコッ)」

 

素の大吉さんっぽい柔らかい面と、院長らしい厳しい態度を見せる院長。

実際のところどういった人物なのか、気になります。

 

永夢がゲーマー、医者になったキッカケ

永夢が小さい頃命の危機を医者に救われた。その際頑張ったご褒美としてプレゼントして貰ったのがゲームだったのだ。

f:id:mitayatu:20161004150708j:image

永夢少年「先生、ぼく助かったの?」

医者「はい、頑張ったご褒美だ。その笑顔が、健康の証だよ。

 f:id:mitayatu:20161004150717j:image

 どうみてもワンダースワンです。

 

 f:id:mitayatu:20161004150728j:image

宝生永夢「先生がくれたこの生命・・・、次は僕が救う番だ。」

 

キッカケとなったこの出来事ですが、担当医がエフェクトで見えないようにしてあるのが気になりますね。

現在の宝生永夢と関わりがある人物なのか、それとも今後出てくる人物なのか、注目してみていきましょう。

 

CR電脳救命センター

CRと呼ばれるこの施設。「電脳救命センター」というらしい。

 f:id:mitayatu:20161004150735j:image

颯太の危機を救えるのは、現状ゲーマドライバーの適合者、院長の息子である鏡先生しかいないようだがまだ日本に着いていないらしい。

待てない仮野はまだ見ぬ適合者、天才ゲーマーMを探すことになる。

 

ソルティバグスター

寝ている颯太の体から出ていた「変なウニョウニョ」が怪人の姿になって現れる。

まだ形が定まっていないようだが・・・。

 f:id:mitayatu:20161004150749j:image

ソルティバグスター「まだ増殖が足りないようだなぁ・・・。」

 

君はマイティなん

宝生永夢「颯太くん?具合はどう?・・・それって、マイティ?ゲーム、大好きなんだね。」

f:id:mitayatu:20161004150816j:image

颯太「今日の発売イベント、ずっと楽しみにしてたのに・・・。うっ」

宝生永夢「この症状・・・まさか?」

颯太「僕悪い病気なんでしょ?」

宝生永夢「違うよ、君はマイティなんだ。」

颯太「え?」

宝生永夢「マイティは、君の体の中で悪さをしているボスキャラをやっつけるんだ!大丈夫。先生と一緒にボスキャラを倒そう。」

 

マイティアクションXの発売日

新作ゲーム『マイティアクションX』の発売イベントにゲーム会社『幻夢コーポレーション』CEO壇 黎斗が現れる。

 f:id:mitayatu:20161004150826j:image

「制作発表から5年以上の期間を経て、ついにあの伝説のゲーム、『マイティアクションX』が完成しました!」

 

イベント会場に天才ゲーマーMがいると読んだ仮野明日那。そこで見つけたのは、バグスターの感染者のはずの颯太くんと宝生永夢だった。

 f:id:mitayatu:20161004150901j:image

宝生永夢「なんでここに!?」

仮野明日那「それはこっちの台詞!患者を無断で外に連れ出すなんて何考えてんの!?」

宝生永夢「担当医としての僕の判断なんです。」

仮野明日那「は?」

宝生永夢「蒼汰くんの具合が悪くなるのは、やりたいゲームを我慢しているストレスが原因なんじゃないかって。」

仮野明日那「何も知らないくせに勝手な判断しないで。」

f:id:mitayatu:20161004150842j:image

宝生永夢「体が治ったって、あの子が笑顔にならなきゃ意味がありません!

 

考えの甘さや悪い部分もでてる気がしますが、

ここの台詞は永夢昔医者に言われた「その笑顔が、健康の証だよ。」という言葉をとても大事にしていることが感じ取れますね。

 

仮野明日那「あの子はすぐにオペをしなきゃいけない体なの。」

宝生永夢「オペ?」

仮野明日那「ドクター失格ね。」

 

発症

颯太くんの具合が急変、姿が怪物へと変化してしまう。

f:id:mitayatu:20161004150857j:image

宝生永夢「なんだこれ・・・!」

仮野明日那「発症・・・。」

 

バグスターウイルスとは

宝生永夢「発症って!一体何がどうなっているんですか!?」

仮野明日那「人類は、新型ウイルスに脅かされているの。」

宝生永夢「新型ウイルス・・・?」

 f:id:mitayatu:20161004155058j:image

新型のバグスターウイルスとは、ゲームから発生したコンピュータウイルスが、人体に直接感染するように進化したものらしいです。ウイルスは増殖を続け、最終的には患者の体は乗っ取られてしまう。

 

バグスターへの対抗手段

仮野明日那「助かる可能性ならある。」

宝生永夢「どうしたら颯太くんを救えるんですか!?」

f:id:mitayatu:20161004155108j:image

仮野明日那「ゲーマドライバーとライダーガシャット。これを使って颯太くんとバグスターを分離するオペをするしか・・・。」

宝生永夢「それで、オペができるんですか?」

仮野明日那「仮面ライダーに変身すればね。」

 

ゲームなら、この俺に任せとけ!

宝生永夢「オペは、僕がやります。」

仮野明日那「返して!それは素人が扱えるゲームじゃない!」

 f:id:mitayatu:20161004155131j:image

宝生永夢「ゲーム・・・?」

f:id:mitayatu:20161004155150j:image

仮野明日那「ゲームエリアが広がった・・・なんで?」

宝生永夢「ゲームなら、この俺に任せとけ!」

仮野明日那「えっ?」

f:id:mitayatu:20161004155202j:image

宝生永夢「颯太の運命は・・・俺が変える!」

 

変身、レベル1

宝生永夢「変身!」

 f:id:mitayatu:20161004155213j:image

ずんぐりむっくりな姿に変身した主人公。戸惑いを感じながらもゲーマとしてのプレイングスキルで軽快に敵を翻弄する。

 f:id:mitayatu:20161004155233j:image

宝生永夢「ノーコンテニューでクリアしてやるぜ!」

 

ゲームの『マイティアクションX』ではお菓子を食べて強くなる設定があるらしい。

仮面ライダーとしての戦闘では、フィールドに隠された様々なアイテムを手に入れることによってパワーアップすることが可能になる。

f:id:mitayatu:20161004155249j:image

今回入手したのは『スピードアップ』。その速さで戦う様は、ソニックヘッジホッグの様です。

 f:id:mitayatu:20161004155254j:image

CGを使わなくても動かせるようにレベル1の姿もスーツにしたという話でしたが、第1話だけあってCG演出をふんだんに使われています。

HITの演出もゲームらしいというか、世代的にはカクレンジャーを思い出します。

 

ボスキャラ、ソルティ

レベル1の姿で、颯太の体からバグスターを分離させることに成功。

しかし、分離したウイルスからソルティバグスターが現れる。

f:id:mitayatu:20161004155307j:image

この、怪人もゲーム『マイティアクションX』の中でボスキャラのソルティとして登場するようだ。

 

大変身!レベル2

宝生永夢「ゲームの説明書を読まないのが、俺のプレイングスタイルだ!」

宝生永夢「これだ!みてろ、天才ゲーマーMのプレイをな!」

仮野明日那「あなたが、M・・・?」

宝生永夢「大変身!」

 f:id:mitayatu:20161004155318j:image

四角いエフェクトを潜るのは仮面ライダーブレイドの変身シーンに似てますね。

f:id:mitayatu:20161004155323j:image

レベル1の装甲がパージするのは『キャストオフ』って感じです。

f:id:mitayatu:20161004155329j:image

レベル1の戦闘は動き自体にCGが多めに使われていましたが、レベル2の戦闘はオーソドックスな戦闘で見ていて安心感がありますね。

 

必殺技

f:id:mitayatu:20161004164806j:image

ライダーガシャットに息を吹きかけてからキメワザスロットに挿入するエグゼイド。

f:id:mitayatu:20161004164829j:image

レトロゲームのカセットで接触が悪いときによくやる動作ですが、レベル2のスーツアクターである高岩さんのアドリブだそうです。

 f:id:mitayatu:20161004164818j:image

必殺技の『マイティクリティカルストライク』。

おなじみのジャンプキックから、敵の目の前で空中に浮遊したまま何度も蹴りつける技です。

ゲームでコンボしてるイメージなんでしょうか。

f:id:mitayatu:20161004164836j:image 

『会心の一発』が決まりボス撃破。ゲームクリアです。

 

ライダーバトルの予感

様々な思想を持っているであろう、一筋縄ではいかなそうな登場人物達がちらっと映りました。

 f:id:mitayatu:20161004164842j:image

免許を剥奪された曰く付きの元ドクター、花家大我。

 f:id:mitayatu:20161004164849j:image

原因不明の死因をさぐる監察医、九条貴利矢

 f:id:mitayatu:20161004164855j:image

院長の息子で天才外科医、鏡飛彩

 

ポッピーピポパポ

改めて、対バグスターの極秘部署、CRに連れて来られた宝生永夢。

そこで音楽ゲーム筐体を見つけるが、仮野明日那が豹変し、ゲームの中へ吸い込まれていく。

 f:id:mitayatu:20161004164903j:image

仮野明日那「コスチュームチェンジ~!」

 f:id:mitayatu:20161004164910j:image

仮野明日那という人物は仮の姿で、本当の名前はポッピーピポパポだとハイテンションで本人は言う。

一体何者なのだろうか・・・。

 

10種類のゲーム

ゲーム筐体に『マイティアクションX』を含む10本のゲームソフトが映し出される。

f:id:mitayatu:20161004164917j:image

ポッピーピポパポ「ぜ~んぶのゲームをクリアして、人類を救うスーパードクターになって!」

 f:id:mitayatu:20161004164922j:image

See you Next game

ミタヤツの感想

感想なんですが、第1話ということで気になったシーンがかなり多くなってしまいました。ですので別の記事としてあげたいと思います。

アニメ系ブログランキングはこちら!