ミタイナヤーツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミタイナヤーツ

アニメ、特撮などについて語るブログです。金髪キャラ至上主義

「東映ヒーローMAX vol.54」 レベル1の男

 

こんにちはミタヤツです。

特撮雑誌の「東映ヒーローMAX vol.54」 が発売されていたので買ってきました!

 

f:id:mitayatu:20160908013831j:image

新番組の「仮面ライダーエグゼイド」が始まるということで、それに関連した記事が多いです。ミタヤツの目当てもそこだったのでプロデューサーの大森敬仁さんのインタビューが載っていたので満足だったのですが、個人的に引き込まれたのはスーツアクターの藤田 慧さんのインタビューですね。

 

レベル1を演じる男

「平成仮面ライダー」の主役ライダーのほぼ全てはスーツアクター高岩成二さんが演じていて、エグゼイドも例外ではありません。

しかし、今回の仮面ライダーには頭身の高いいつも通りの姿「レベル2」の他に、SDキャラの「レベル1」の姿が存在します。

その「レベル1」に抜擢されたのが、藤田 慧さんです。

今回のインタビューは、そんな彼が主役ライダーを担当することになる現在の話からはじまり、これまでのキャリアを振り返って行くというものです。

 

ゴーストの1年を振り返る

仮面ライダーゴースト」の最終回が近いということで、キャストの座談会が載っていますが、

ゴースト、スペクター、ネクロムを演じているスーツアクターの対談の方が1年を振り返る意味でも読んでいて楽しかったですね。

 

「ライダーがパワーアップすると僕らがパワーダウンする」毎年恒例、武器とスーツの重量問題や、偉人をモチーフにしたフォームの演じ分け、キャストの成長等、スーツアクターから見た「仮面ライダーゴースト」の一年を話されてます。

 

アニメ系ブログランキングはこちら!